MENU

海上保安庁、篠田 麻里子の不倫騒動でメールアドレスを変更してしまう?

はじめまして、りん速です

りん速の使命は、世にはびこる不倫・浮気に焦点を当てつつ、価値ある情報をお届けすることです。

今回は、元AKBメンバー篠田麻里子さんの不倫騒動についてお話します。

海上保安庁、篠田 麻里子の不倫騒動でメールアドレスを変更してしまう

篠田麻里子は、日本の人気ガールズグループAKB48の元メンバーで、福岡県糸島市出身のモデル、タレント、女優、YouTuberである。事務所「サムデイ」に所属し、2013年7月22日の卒業時にはAKB48の最年長メンバーとして知られた。女性誌「MORE」の専属モデルも務め、その後もテレビ番組やCM、雑誌のコラムなどに出演し、多彩なキャリアを持つ。

年齢:36歳

生年月日:1986年(昭和61年)3月11日

篠田麻里子さんは、現在、夫の高橋優太さんから不貞行為について訴えられ、別居中で離婚手続き中です。また、不倫相手とされる人物からも訴訟を起こされているそうです。最近では、篠田麻里子さんが不倫をしているとされる証拠画像が流出し、話題になっています。不倫のお相手は旅行会社社長・実業家の篠塚孝哉さんではないかと噂されています。

篠田麻里子さんはママタレントとしても活躍中ですが、海上保安庁のイメージモデルも務めておられます。

元AKB48のタレントである篠田麻里子は、海上保安庁のイメージモデルに就任し、海上における緊急通報用電話番号「118番」の周知ポスターに登場し話題になっている。

篠田は2019年には年下の男性との結婚を発表し、2020年には女の子を出産し、2021年には「ベストマザー賞」を受賞してママタレとして活躍。現在は「yokayo」というボディソープの新事業を展開している。

昨年の夏前に夫が娘を連れて家を出たことが明らかになり、12月上旬に夫が篠田の不倫相手に対して慰謝料を求めて提訴したことも発覚。

参考:https://ima.goo.ne.jp/word/

篠田麻里子さんの一連の不倫騒動の中、就任先の海上保安庁が、連絡用メールアドレスを変更したことが発覚しました。

引用元:Twitter

下の画像は、昨年8月時点の、海上保安庁のご意見専用メールアドレスが記載されたページの画像です。この時点では、メールアドレスは jcg-goiken@mlit.go.jp でした。

参照元:wayback machine

今年1月19日に「現在メールアドレス変更作業中です。旧アドレスに頂いたご意見は確認できませんのでご了承ください」と表記が変わったことが確認されました。

1月20日現在、海上保安庁のご意見専用メールアドレスは jcg-goiken@gxb.mlit.go.jp に変更されています。

参照元:海上保安庁ホームページ

今年に入り、海上保安庁のご意見専用メールアドレスは、jcg-goiken@mlit.go.jp から jcg-goiken@gxb.mlit.go.jp に変更されたことになります。

海上保安庁は、なぜ篠田麻里子さんの不倫騒動真っ只中のタイミングで、メールアドレスを変更したのでしょうか。

筆者は、gxb.mlit.go.jp という耳慣れないドメインに秘密が隠されているのではないかと思い、調査しました。

まずはGoogle検索で gxb.mlit.go.jp を検索してみます。

参照元:google検索

どうやら gxb.mlit.go.jp は国土交通省で使われているドメインのようです。

Google検索では満足できる答えが得られなかったので、人工知能 Chat-GPT に聞いてみることにしました。

Chat-GPTとの会話
りん速
りん速

gxb.mlit.go.jp というメールアドレスを見かけます。これは日本の政府機関のメールアドレスに多いです。gxb.mlitとはなんですか?

ChatGPT
ChatGPT

“gxb.mlit.go.jp” は、日本の政府機関のメールアドレスの一つです。”gxb” は “General Affairs Bureau” の略で、”mlit” は “Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism” の略です。つまり、このメールアドレスは、”国土交通省総務局” のものです。

gxb.mlit.go.jp というドメインのメールアドレスは、国土交通省の固有のもののようです。

筆者の意見ですが、今回の海上保安庁のメールアドレス変更の理由は、噂されているような篠田麻里子さんの不倫に関係するものではなく、単なるシステムの変更ではないかと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次